離婚の慰謝料、基本的なところ教えます。


当サイトは、離婚慰謝料の相場について解説するサイトです。
慰謝料もいろいろありますが、離婚の慰謝料は、どういう時に発生するのでしょうか?
離婚の慰謝料の相場、気になる情報の一つです。芸能人の慰謝料でよく聞く「数千万」という単位は、一般人の私たちには当てはまらない金額です。また、慰謝料が支払われる要因がなければ請求しても支払われることはないと考えるべきです。
一般的な離婚慰謝料請求の要因として多いのは、

・ 浮気
・ DV
・ 生活を入れない等の悪意の遺棄

上記に挙げられた要因によって精神的苦痛や肉体的苦痛を受けた場合、その事実を証明できる確実な証拠を取得していることで、円滑に話し合いや離婚調停が進められる要素になります。浮気やDVでの離婚慰謝料の相場は大体300万前後といわれていますが、この金額は浮気やDVの慰謝料のあくまでも相場であり、全ての場合に当てはまるというわけではありません。結婚年数や財産分与などを考慮し、離婚慰謝料の金額は増減します。
また浮気の場合、浮気相手にも慰謝料請求する事ができ、慰謝料を合算した場合、300万円よりも多く慰謝料を得ることもあるようです。確実に慰謝料を取ることや裁判になることを考えても、浮気もDVも何より証拠を集めることが重要です。

浮気調査において、金額を押さえるためだけに証拠の取得を1度しかしたくない。と考えるのは間違いです。
浮気の事実で重要なのは、浮気の継続性。自身で確保できる証拠例えば、浮気をしていることが分かるメールのやり取りや、画像などとともに、浮気調査で得られた数度の浮気の証拠を合わせることで、強力な証拠になるようです。

とはいえ下手に自身で証拠集めをして相手が浮気について調べられていると気づけばすべては台なしになることもあります。
どんな証拠も慎重に集めること、プロに任せる事が大切です。


弁護士に相談する前に

慰謝料を請求する方法がよくわからない。
といった人は多いと思います。そこで、法律のプロである弁護士に相談をしてどれぐらいの慰謝料を請求することができるのか?
また、慰謝料を請求したとして、払ってもらうことができるのか?
慰謝料を請求する相手との交渉はどのように進めればいいのか?
など、慰謝料請求には、さまざまな問題に直面すると思います。

このような問題を解決するためにも、弁護士へ相談するのですが、まずは自分でどういった手続きが必要になるのかを調べておくことが重要です。

事前に調べる情報の中には、配偶者が浮気をした証拠を集めたり、暴力を振られた事を客観的に証明することが出来る証拠など、準備しなくてはならないことがあります。

慰謝料を請求する為に、どのような証拠が必要になるのかは、探偵や弁護士、書類を作成してもらう行政書士に相談をしたり、実際に調査をしてもらったりして、証拠を集めることになると思います。

慰謝料を請求するまでには、自分で解決が難しい問題を変わって解決をしてくれるいくつかの業者、専門家を通すことになると思います。
こうした業者や専門家を見つける為の基準なども慰謝料を請求する前に、確認をしておかなくてはならないことです。
ここでは、慰謝料を請求するために必要な準備について順を追って解説していこうと思います。




(C)離婚慰謝料の相場ガイド